NBOXは立体駐車場に入れない?

NBOX 立体 駐車場 サムネイル

NBOXは立体駐車場を利用している人には不向きだと感じる方がいます。

NBOXは累計で100万台以上販売されている軽自動車です。

しかしNBOXはトールワゴン型と呼ばれるように軽自動車の中でも車高が高いために、高さ制限がある場所で駐車する際には注意が必要になります。

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements

NBOXの車高では駐車できない立体駐車場もある

NBOXは全長が3.395mで全幅が1.475m、さらに全高2WDが1.790mで4WDが1.8mとなっています。

NBOX 立体 駐車場 駐車できない立体駐車場もある

見た目よりはコンパクトに作られており、やはり軽自動車であること感じさせます。

特に全幅は1.5mを切っているため、狭い駐車場でも楽に駐車することができます。

しかし立体駐車場の場合には注意必要です。

立体駐車場は基本的に設置するにあたっての高さ制限などはありません。

しかし実際には機械式駐車場では1.55m高さ平均的です。

そのためNBOXでは駐車することができない立体駐車場も存在します。

NBOXを立体駐車場に駐車する前に知っておくべきこと

立体駐車場には必ず高さ制限横幅制限表示されていますが、実際にはその表示された数字よりも余裕持って設計されています。

NBOX 立体 駐車場 駐車する前に知っておくべきこと

しかし、その余裕は駐車場によって違います。

余裕を広く取ってある駐車場もあれば、ほとんどの余裕のない駐車場もあります。

またNBOXの実際の高さにも注意が必要です。

カタログには1.8mと表示されていますが、この数値にはアンテナ部分は含まれていません。

NBOXにはルーフサイドアンテナとマイクロアンテナの2つのタイプがあり、特にマイクロアンテナについてはアンテナの台座部分の高さも考えて駐車しなければいけません。

スポンサーリンク

NBOXを駐車するときセンサーのある立体駐車場の場合

立体駐車場には位置検出スイッチなどのセンサー設置されているものもあります。

立体駐車場の高さ制限がNBOXの全高のサイズぎりぎりで大丈夫だと思って駐車をしようとしたものの、センサー反応してしまうことがあります。

センサーが反応した場合には、駐車場が使用できないだけでなく、メンテナンスのために業者を呼ぶ必要のある場合もあります。

NBOX 立体 駐車場 センサー

場合によってはメンテナンス費用負担しなければならないこともありますので、サイズに余裕のある駐車場を選ぶことをおすすめします。

特に軽自動車専用の立体駐車場などでは、ミニバンサイズに対応していない駐車場もありますので、NBOXを駐車するときには事前の確認が必要になります。

NBOXを立体駐車場に駐車する際に一番気をつけるべきこと

立体駐車場で注意しなければならないことはもう1つあります。

それは機械式の立体駐車場は車を運ぶ際揺れてしまうことがあるということです。

立体駐車場にはサイズの制限が表記されていますが、基本的には約5%から10%ほどの余裕を持って設計されています。

その理由は車を運ぶ際に揺れたりした場合でも、車が駐車場に当たって傷がつくことを防ぐためです。

しかし、立体駐車場には屋内だけでなく屋外タイプもあります。

NBOX 立体 駐車場 一番気をつけるべきこと

また場所によっては建物の関係で強風吹く立体駐車場もあります。

そのため立体駐車場に駐車する際にはサイズだけでなく、駐車場環境天候にも気をつける必要があります。

スポンサーリンク

NBOXを立体駐車場へ駐車するための安全な方法は?

NBOXを立体駐車場駐車する最も安全方法は、高さに余裕のある立体駐車場に駐車することと、所有しているNBOX高さ知っておくことです。

ギリギリのサイズの立体駐車場を利用するのはリスクがありますので、もし心配場合は無理をしないで別の駐車場を利用するようにしましょう。

また立体駐車場以外にも平置き駐車場がある場合には、そちらを利用するのも安全な方法です。

所有しているNBOXを知るときには、カタログに掲載されている高さではなく、実際の高さを知っておくのも大切です。

NBOX 立体 駐車場 安全な方法は?

NBOXのアンテナ

アンテナ台を含めた高さを知っておくのも大切ですし、装着するタイヤの大きさによっても多少数値が変わります。

NBOXでも注意を怠らなければ立体駐車場は利用できる

NBOXは軽自動車ですが、トールワゴンというカテゴリーで軽自動車とは思えない快適性を誇っているのが特徴です。

しかしその快適性ゆえに立体駐車場入れない心配される方もいます。

NBOX 立体 駐車場 NBOXは利用できる

大切なのは立体駐車場のサイズを鵜呑みにせず、サイズに余裕のある駐車場を選ぶことです。

そうすれば無駄なトラブルを防ぐことができます。

Advertisements

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements
故障・トラブル
N-BOX