NBOX フルフラットのやり方は?

nbox フル フラット やり方

NBOX フルフラットのやり方を徹底解説!

NBOXをフルフラットにできると、荷物の運搬や車中泊などで活躍する機会が増えるかもしれません。

そこで今回は、NBOXをフルフラットにするやり方について、シートアレンジ方法やキットの導入などを中心に解説します。

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements

NBOX フルフラットのやり方|フルフラットにできる?

NBOX フル フラット やり方 比較

NBOXはシートアレンジが豊富な車種としても有名ですが、生産が終了したNBOXプラスの様にシートをフルフラットにできるのでしょうか?

結論から先に言ってしまうと、シートアレンジのみでフルフラット状態にすることはできません

これは全てのシートスタイルとグレードに共通することですが、シートの格納方法や構造が要因となり、完全なフルフラット状態にはできないのです。

そのため、フルフラット状態を実現するには、ユーザー自身がある程度工夫をしなければいけません

次からの項目では、フルフラットに近づける方法や、シートアレンジ以外にフルフラットにする方法などを紹介していきます。

NBOX フルフラットのやり方|ロングモード

NBOX フル フラット やり方 ロングモード

ウルトラシート仕様の場合、ロングモードにシートアレンジを行う事で、ほぼフルフラットな状態を作り出すことが可能です。

しかし、シートの構造上リクライニングしたフロントシートは、倒したリヤシートの上に乗る形となり少々の段差ができてしまいます。

段差自体は、背もたれの厚みと同じ15~20cmほどですので、この部分に硬めのウレタンクッションやベビーベッドのマットレスなどを敷き、段差を埋めることができれば、NBOXプラスのようなフルフラット状態になります。

また、シートアレンジをリフレッシュモードにした場合は、フロントシートとリヤシートの段差が無くなりフラットにはなりますが、リヤシートの背もたれ部分を倒す事ができないため、フルフラット状態にはなりません

スポンサーリンク

NBOX フルフラットのやり方|市販のクッションなどを利用

NBOX フル フラット やり方 フットレスト

シートがスーパースライドシート仕様の場合、市販のクッションを使用してフルフラットに近づける方法があります。

この仕様のシートは助手席のシートスライド量が前後に長くなっている特徴があります。

そこで、助手席をクローブボックス側まで目一杯スライドさせ、リヤシートを倒す事でフラットにできる面積を稼げるのです。

さらに助手席と倒したリヤシートとの間に、市販されているエアクッションなどで隙間を埋めることができれば、ほぼフルフラット状態に。

この場合に使用するエアクッションは、ミニバン車の後席などに付いているオットマンと呼ばれるものを選ぶと座席との段差が少なくなり、よりフルフラットに近づけられます。

NBOX フルフラットのやり方|エアマットを利用

NBOX フル フラット やり方 エアマット

ウルトラシート仕様の場合、ロングモードへシートアレンジを行えば、ほぼフルフラット状態を作り出すことができますが、長期間の車中泊などを行うときには、段差を埋めるクッションやマットレスなど、大型荷物の積み込みが難しいことも。

そんな時は、キャンプなどアウトドアで使用するエアマットを代用品としてフルフラット状態を作るとよいでしょう。

なかには軽自動車車中泊用のエアマットも販売されており、多くのNBOXユーザーから評価されている商品もあります。

注入する空気の量を加減することで、圧迫感の少ないフラット状態を作り出すことも可能です。

価格は約4,000円~20,000円と幅がありますが、使用していない時は空気を抜き少ない面積で収納できる点も魅力です

スポンサーリンク

NBOX フルフラットのやり方|キットの導入

NBOX フル フラット やり方 DIY キット

最終的に検討したいのがフルフラットキットの導入です。

これはロングモードへシートアレンジを行った上に、フルフラット状態にする事のできる台を設置し、シートを覆い被せフルフラット状態を作り上げる方法です。

組み上げた骨組みの上にボードなどを設置するため、シートの凹凸がない完全なフルフラット状態になります。

導入にあたっては、キャンピングカーやカスタムカー専門店でオーダーすることになり、約10万~20万円と高価になってしまうのが難点。

なかには、ホームセンターなどでジョイントパイプを加工しDIYでフルフラットキットを自作するユーザーもおり、費用を抑えるには効果的な手段ではないでしょうか。

NBOX フルフラットのやり方|まとめ

今回は、NBOXをフルフラットにするやり方について、シートアレンジ方法やキットの導入などを中心に解説しました。

残念ながらNBOXはNBOXプラスの様にシートアレンジのみで完全なフルフラットにする事はできないシート構造となっています。

しかし、ロングモードなどへシートアレンジを行い、ウレタンマットやエアマットなどを利用すると、限りなくフルフラット状態にすることは可能です。

導入費用や荷物の積載量を考えると、小さくたたむ事のできるマットの利用が最もバランスのとれた方法ですが、車中泊などが多く、完全なフルフラットを求める場合には、専門業者などに相談をするとよいでしょう。

Advertisements

個人売買やオークションでもローンが組める!?

ずっと欲しかった車が個人売買やオークションで手に入りそう!

でもすぐにお金が用意できない……

諦めなくても大丈夫です!

個人売買やオークションでも使えるオートローンがあります!

ローンを組めるか確かめてみよう!

今すぐクリック!

欲しかったあの車、このチャンスを逃すと二度と手に入らないかもしません。

必ずこの機会にゲットしてください!

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements
車中泊
N-BOX