オデッセイの乗り心地レポート(2017)|歴代モデルとの比較

オデッセイ 乗り心地 2017

オデッセイは、現行モデルで5代目になるわけですが、その乗り心地は歴代モデルや現行モデルの中におけるガソリン車とハイブリッド車においても、どのように異なるのか、乗り心地に影響を与える要素から考察して説明したいと思います。

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements

オデッセイの乗り心地レポート(2017)|初代との比較

オデッセイ 乗り心地 2017 初代

https://goo.gl/q5ohs9

初代の全長×全幅×全高は、4750mm×1770mm×1645mmであり、現行モデルの4830mm×1820mm×1685mmと比較すると、一回り小さかったことが分かります。

直進安定性に最も影響を与える要素の全長については、現行モデルの方が8cmほど大きいので、乗り心地の良さは現行モデルが勝っていると言えます。

また、両者のホイールベースを比較すると、初代は2830mm、現行モデルは2900mmとこちらも現行モデル方が7cm大きいので、乗り心地の良さは現行モデルが勝っていると言えます。

全高が初代より大きく、重心もその分高くなっていますが、それを上回る全長とホイールベースになってきているので、現行モデルでは、乗り心地がよりしなやかになってきていると言えるのではないでしょうか。

オデッセイの乗り心地レポート(2017)|2代目との比較

オデッセイ 乗り心地 2017 2代目

https://goo.gl/tHwHVA

2代目の全長×全幅×全高は、4770mm×1795mm×1630mmであり、現行モデルの4830mm×1820mm×1685mmと比較すると、一回り小さかったことが分かります。

全長については、現行モデルの方が6cmほど大きいので、初代との比較と同様に、乗り心地の良さは現行モデルが勝っていると言えます。

また、両者のホイールベースを比較すると、2代目は2830mm、現行モデルは2900mmとこちらも現行モデル方が7cm大きいので、乗り心地の良さは現行モデルが勝っていると言えます。

ただ、2代目は初代より全高が抑えられているので、全長ならびにホイールベースと全高との相殺により、ふらつきの面では、現行モデルとほぼ同じくらいなのかもしれません。

スポンサーリンク

オデッセイの乗り心地レポート(2017)|3代目との比較

オデッセイ 乗り心地 2017 3代目

https://goo.gl/J9xhGc

3代目の全長×全幅×全高は、4765mm×1800mm×1550mmであり、現行モデルの4830mm×1820mm×1685mmと比較すると、一回り小さかったことが分かります。

全長については、現行モデルの方が6.5cmほど大きいので、初代・2代目との比較と同様に、乗り心地の良さは現行モデルが勝っていると言えます。

また、両者のホイールベースを比較すると、3代目は2830mm、現行モデルは2900mmとこちらも現行モデル方が7cm大きいので、乗り心地の良さは現行モデルが勝っていると言えます。

ただ、初代や2代目の時より大きく異なるのは、全高立体駐車場にも収まるほどの1550mmに抑えられている点です。

直進安定性の高さから生じるしなやかな乗り心地は、現行モデルの方が感じやすいかと思いますが、低重心の3代目では、現行モデルよりスポーティーな乗り心地だったのではないでしょうか。

オデッセイの乗り心地レポート(2017)|4代目との比較

オデッセイ 乗り心地 2017 4代目

https://goo.gl/TFgBsn

4代目の全長×全幅×全高は、4800mm×1800mm×1545mmであり、現行モデルの4830mm×1820mm×1685mmと比較すると、一回り小さかったことが分かります。

全長については、現行モデルの方が3cmほど大きいので、初代・2代目・3代目との比較と同様に、乗り心地の良さは現行モデルが勝っていると言えます。

また、両者のホイールベースを比較すると、4代目は2830mm、現行モデルは2900mmとこちらも現行モデル方が7cm大きいので、乗り心地の良さは現行モデルが勝っていると言えます。

ただ、4代目のスペックは3代目と極端に類似しており、全高の低さから、現行モデルよりスポーティーな乗り心地だったのは間違いありません

オデッセイの乗り心地レポート(2017)|ガソリン車とハイブリッド車の比較

オデッセイ 乗り心地 2017 ハイブリッド車

https://goo.gl/WvCpkr

オデッセイの現行モデルには、ガソリン車とハイブリッド車それぞれ用意されているので、両者の比較をしたいと思います。

スペック的には、両者ともほぼ同じで、総排気量や燃費が異なるくらいです。

しかし、サスペンションと呼ばれる路面の凹凸を車体に伝わりにくくして、乗り心地や操縦安定性を高める装置がガソリン車からハイブリッド車になって大幅に改善されていることから、ハイブリッド車の方が、荒れた路面や段差等でもダイレクトに衝撃を受けず、ソフトな乗り心地を感じやすいと言えます。

ガソリン車でも歴代モデルと比べれば、乗り心地がしなやかになっているのは間違いありませんが、ハイブリッド車に乗車すると、さらにソフトな印象を受けるのではないでしょうか。

オデッセイの乗り心地レポート(2017)|まとめ

オデッセイ 乗り心地 2017 パソコンを使う男性

ここまで、オデッセイにおける現行モデルと歴代モデルとの比較、現行モデルの中でもガソリン車とハイブリッド車との比較をしてきましたが、大まかな傾向としては、初代や2代目の時から3代目や4代目に移行して、スポーティーさが増したこと、3代目や4代目から現行モデルに移行して、しなやかさや柔らかさが増したことが見られると思います。

何よりも、人をたくさん乗せ、広々とした室内空間が強みのオデッセイなので、より一層乗り心地は良くなってきているのではないでしょうか。

Advertisements

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

リースなのに最後は自分の車になる!?

カーリース契約は通常、契約期間が終われば車を返さないといけません。

と、思いますよね?

実はリース契約満了後に車が自分のものになるカーリースがあるんです!

このカーリースなら、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用など全て込みで月々8,000円から契約できます。

最小の負担なのに十分な保障を受けつつ、憧れの新車を自分のものにできますよ!

新車をゲットできるカーリースはこちら↓

↓クリックして詳細を見る↓

愛車の最新カスタム情報が手に入る!?

愛車を好みにカスタムするのって楽しいですよね。

ところで他の人がどんなカスタムをしているのか、気になりませんか?

実は、カスタム好きが集まる専用のSNSアプリがあるんです!

利用はもちろん無料

愛車のカスタム写真を投稿して感想が聞けたり、他の人のカスタム車にコメントを入れたりもできますよ!

さらに仲良くなれば手に入りにくいパーツの交換なんかもできちゃいます!

ぜひ一度試してみてください!

Advertisements
乗り心地
オデッセイ