オデッセイのマイナーチェンジの評価は?

オデッセイ マイナーチェンジ 評価

オデッセイのマイナーチェンジの評価はどうなのでしょうか。

2017年の11月にマイナーチェンジを果たした新型オデッセイはホンダで人気のミニバンです。

その評価はどんなものなのか、燃費やパワートレインなどに変化はあるのか。

ホンダファンのみならず気になるニューオデッセイの評価を書きたいと思います。

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements

オデッセイのマイナーチェンジの評価|外装編

オデッセイ マイナーチェンジ 評価 側面

https://goo.gl/4z43eb

発売前から公表されていたマイナーチェンジによる変更点、いったいどのようなものでしょうか。

まずは気になる外装の変更点です。

外装に関してはフロントマスクの刷新、フォグランプがラウンド型から直線に変更、アルミホイール横のロゴ削除、ボディーカラーには新色追加といったような変更になっています。

さらにフロントデザインリアデザインともに若干変わっている様です。

フロントマスクはシャープになり、マイナーチェンジ前とはがらっとイメージチェンジされています。

標準のアルミホイールも以前より迫力があるデザインになっています。

オデッセイのマイナーチェンジの評価|内装編

オデッセイ マイナーチェンジ 評価 室内

https://goo.gl/ufJxbK

車は外観も大事ですが、やはり運転するほうからすると内装も重要です。

長く使う車ですし、長距離移動する時などは内装が綺麗で落ちつかないと意外とストレスになるものです。

もともと内装も好評だったオデッセイ、マイナーチェンジ後は非常に高級感が高くなっています。

とはいってもそれほど以前より大きく変わったというわけではありませんが、重量感のある黒木目調パネルと新たなデザインのシートの組み合わせは高い質感とくつろぎの空間に仕上がっています。

細かい部分にも気を配っているようで、2列目シートには大型のヘッドレスト足元の小物入れなどといった装備も追加されており、使い勝手が良くなっています。

スポンサーリンク

オデッセイのマイナーチェンジの評価|エンジン編

オデッセイ マイナーチェンジ 評価 エンジン

エンジン https://goo.gl/kBY2aM

走る、曲がる、止まるがなにより基本の車ですからやはりマイナーチェンジやフルモデルチェンジしたら気になるのはエンジンや足回りです。

新型オデッセイ&ハイブリッドのエンジン性能やスペックの評価はどうでしょうか。

実はマイナーチェンジ後のオデッセイのパワートレインに変更はありません。

前のモデルと同じくガソリンモデルは2.4L直4DOHCのiVTECと2.4L直4直噴DOHC iVTECの二つのラインアップになっています。

燃費を求めるならハイブリッドですが、実はガソリンモデルでも燃費の良さが目立っています。

オデッセイのマイナーチェンジの評価|安全装備編

オデッセイ マイナーチェンジ 評価 ホンダセンシング

https://goo.gl/h8hMU3

最近の車には必須と言える様々な運転サポート機能、オデッセイにももちろん付加されています。

新型オデッセイ&オデッセイハイブリッドの安全装備は、ホンダセンシング(Honda SENSING)全モデル標準搭載となっています。

渋滞追従機能は今回新たに追加された機能で、マイナーチェンジ後の渋滞追従機能は前を走行する車が停車するとそれに合わせて停車するようになっているので非常に便利です。

その他のホンダセンシングとしては衝突軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、歩行者自己軽減ステアリング、路外逸脱抑制機能、アダプティブ・クルーズ・コントロール、車線維持支援システム、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能となっています。

スポンサーリンク

オデッセイのマイナーチェンジの評価|燃費編

オデッセイ マイナーチェンジ 評価 走行

https://goo.gl/qfc22N

気になるオデッセイの燃費評価はどうでしょうか。前述したとおり新型オデッセイとオデッセイハイブリッドはどちらもパワートレインの変更がないためそれほど実燃費にも変動は無いようです。

JC08モード燃費としては2.0L DOHC i-VTEC+iMMDは24.4~26.0、実燃費は17~23、2.4L 直噴 DOHC i-VTECは13.0~14.0、実燃費は9~13、2.4L DOHC i-VTECは12.8~13.8、実燃費は8~14といった具合です。

マイナーチェンジですからエンジンの違いは我慢しましょう。

今回は外装や内装などの変更がメインのようです。

オデッセイのマイナーチェンジの評価|総合評価

オデッセイ マイナーチェンジ 評価 正面

https://goo.gl/4tgRmr

このようにエンジン含め外装や内装は若干の変更のみではありますが、ホンダセンシング(Honda SENSING)が標準搭載となったのは嬉しいポイントです。

気になる価格は前型から15~20万円程度アップして290~365万円(ガソリンタイプ)です。

ハイブリッド車にもホンダセンシング(Honda SENSING)の機能がさらに追加されているため前モデルより15万円程度値上がりになって375万~415万円となります。

ボディカラー新色が追加され全部で7色の中から選べるのも嬉しい変更点です。

Advertisements

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

リースなのに最後は自分の車になる!?

カーリース契約は通常、契約期間が終われば車を返さないといけません。

と、思いますよね?

実はリース契約満了後に車が自分のものになるカーリースがあるんです!

このカーリースなら、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用など全て込みで月々8,000円から契約できます。

最小の負担なのに十分な保障を受けつつ、憧れの新車を自分のものにできますよ!

新車をゲットできるカーリースはこちら↓

↓クリックして詳細を見る↓

愛車の最新カスタム情報が手に入る!?

愛車を好みにカスタムするのって楽しいですよね。

ところで他の人がどんなカスタムをしているのか、気になりませんか?

実は、カスタム好きが集まる専用のSNSアプリがあるんです!

利用はもちろん無料

愛車のカスタム写真を投稿して感想が聞けたり、他の人のカスタム車にコメントを入れたりもできますよ!

さらに仲良くなれば手に入りにくいパーツの交換なんかもできちゃいます!

ぜひ一度試してみてください!

Advertisements
マイナーチェンジ
オデッセイ