Nボックスの人気グレードはどれ!?

N ボックス 人気 グレード

Nボックスの人気グレードはどれなんでしょうか。

現在、Nボックスの購入を検討している方の中には、人気のグレードを知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

Nボックスにはグレードによってシート構成やシートアレンジの異なる仕様が3種類用意されており、それぞれの特徴やどのような仕様になっているのか、よく分からないと言う方もいらっしゃると思います。

そこで今回は、Nボックスのそれぞれの仕様の違いや装備品の違い、実際に人気の高い各グレードの紹介などを中心にNボックスと人気グレードについて解説していきます。

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements

Nボックス 人気 グレード:ベンチシート仕様の装備と価格

Nボックス 人気 グレード ベンチシート仕様

Nボックスには、3種類のシート仕様車が設定されており各シート仕様やグレードによる外観の違いが殆ど無いためグレードの判別が難しい車種となっていますが、まずはベンチシート仕様の装備品や価格について説明をしていきます。

GグレードはNボックスのベースともなるグレードで、フロントシートはベンチシートが採用されており、ドアクローザーや車速連動間欠ワイパーなどG・Lに標準装備されている物が省略されています。

その他の装備としてはフルLEDヘッドライトHonda SENSINGと呼ばれる先進の安全装備が標準搭載され、Gグレードは両側手動スライドドアが、G・Lグレードは助手席側がパワースライドドアになっています。

価格はGグレードで税込み約140万円G・Lグレード約150万円となっておりターボモデルは両側電動スライドドアなどが標準装備され約170万円となっています。

なお、G、G・Lには車いすに乗ったままでも、後部に乗車を行う事が可能な介護車両としても使用する事のできるスロープ仕様も設定されています。

Nボックス 人気 グレード:スーパースライドシート仕様の装備と価格

Nボックス 人気 グレード スーパースライド仕様

次はスーパースライドシート仕様となるG・EXグレードについて説明していきます。

G・EXグレードはエントリーグレードであるG・Lグレードの装備品にプラズマクラスターエアコン機能や助手席シートの肩口にシートベルトが配置されているシートラッププリテンショナーなどが追加されたグレードとなっており、G・Lよりも装備品がやや豪華になっていることが特徴のグレードです。

フロントシートのスライド量や設計はベンチシート仕様と異なるものの、シートアレンジの形態や種類は同じとなります。

ただし、シフトボックス下部にある収納部分が省かれるなどベンチシート仕様と比べて若干の内装の仕様変更が行われている部分も存在するため注意が必要です。

価格は約160万円からとなっておりターボモデルは両側電動スライドドアなどが標準装備され約175万円となっています。

また、前述したグレードを含めこれら全てのグレードには4WDモデルが設定されており、価格はそれぞれ15万円前後加算された金額で販売されています。

スポンサーリンク

Nボックス 人気 グレード:人気グレード・その1

Nボックス 人気 グレード G・L

ここからは、実際に人気のあるNボックスのグレードを紹介していきます。

G・L Honda SENSING

このグレードは、リヤ運転席側パワースライドドアなどのメーカーオプションを選択する事が可能なエントリーグレードで、Nボックスの中でも1番の売り上げを誇る人気グレードとなっています。

メーカーオプションの有無を選択する事ができ、費用を抑えながらもサイドエアバッグなどの安全装備は装着を行いたいなど、安全性とコスト面のバランスを重視したいと言うユーザーから人気の高いグレードです。

特にベンチシート仕様は運転席側と助手席側シート間の隙間を気にする必要が無く荷物を楽に乗せる事ができる点や、ペットなどを乗せる際に便利など使い勝手が良いと言う事からスーパースライドシート使用では無く、ベンチシート仕様のG・Lグレードを選択する方も多いようです。

また、主に街乗りや通勤などをメインとするユーザーが購入層となっているため、駆動方式は燃費などを重視したFFモデルが最も選ばれています。

Nボックス 人気 グレード:人気グレード・その2

Nボックス 人気 グレード G・Lターボ

G・L ターボ Honda SENSING

このグレードは、前述したG・L Honda SENSINGグレードのエンジンにターボユニットを搭載した上級モデルとなっており、G・Lの利点である安全性やコスト面のバランスを重視し、長距離運転や多人数乗車でもパワー不足に陥らないようにと考えるユーザーから人気のグレードとなっています。

基本的な装備品はG・Lグレードと同じですが、メーカーオプションである両側パワースライドドアが標準装備となり、ステアリングもカバーではなく本革巻きになるなど使い勝手と室内の質感が大幅に向上したグレードとなっている事も特徴的で、G・Lグレードよりも約20万円ほど価格が高い事を忘れさせるほど充実した装備内容となっていることも人気の1つと言えます。

また、ターボグレードは新車から5年後のリセール価格(売却時の価格)が非常に高い事でも有名となっており、次の車を購入する際の下取り価格も視野に入れこのグレードを選ぶ方が多い様です。

スポンサーリンク

Nボックス 人気 グレード:人気グレード・その3

Nボックス 人気 グレード G・EXターボ 4WD

G・EX ターボ Honda SENSING

こちらのグレードは、スーパースライドシート仕様のモデルとなりNボックスの中ではあらゆる装備品が標準搭載されている最上級にあたるグレードとなっています。

主な装備品はG・L ターボグレードと同じですが、エアコンにはプラズマクラスター機能が付属するなど、人気グレードであるG・Lよりもさらに装備が豪華になっている事が特徴となっています。

G・L ターボグレードと同じくメーカーオプション品の両側パワースライドドアや前席i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステムなども標準装備されています。

また、G・EX ターボの場合には駆動方式が4WDモデルとなるものが特に人気があり、街乗りや長距離移動などに加えてキャンプや釣りなどのアウトドアを目的としたユーザーからキャンピングカーとしても利用されることの多い人気のグレードとなっています。

Nボックス 人気 グレード:まとめ

今回は、Nボックスのそれぞれの仕様の違いや装備品の違い、実際に人気の高い各グレードの紹介などを中心に、Nボックスと人気グレードについて解説してきましたがシート仕様やグレードによって標準装備が異なる事が分かったと思います。

その中でも特に人気のあるグレードはG・L Honda SENSINGグレードとなっており、Nボックスを購入する3割近くのユーザーがこのグレードを選択しています。

その他にも、ターボグレード4WDモデルが人気となっているため購入を検討している場合にはこれらの人気グレードを参考にし、必要な装備や利用目的と照らし合わせ選んでいくと良いでしょう。

Advertisements

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements
モデル・グレード
N-BOX