Nボックスの保険料はいくら?

N ボックス 保険料

Nボックスの保険料はどのくらいかかるのでしょうか。

現在Nボックスに乗っている方の中には、保険料はどこの会社が安く内容が充実しているのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

日本には多くの自動車保険会社があり、契約する内容やプランによっては保険料を大きく節約する事も可能となっているため、他社との比較は欠かせないものとなっています。

そこで今回は、Nボックスの保険料の平均額や各販売型の違いなどを中心に、Nボックスと保険料ついて解説していきます。

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements

N ボックス 保険料:保険には2種類ある

N ボックス 保険料 保険の種類

車に乗る上で必ずと言って良いほどネックとなるのが保険料ですが、自動車保険の仕組みがよく分からないと言う方もいらっしゃると思いますので、まずはこの仕組みから説明をしていきます。

自動車に乗る場合には2種類の保険があり、その中の1種類は自動車の購入と共に必ず加入しなければならないものがあります。

自賠責保険

まず、自賠責保険と呼ばれている、正式名称は自動車損害賠償責任保険という名前で、自動車を購入した際には必ず加入しなければならないと法律で定められており、未加入者は車検を受ける事ができず罰金や運転免許から点数を引かれるなど、実際に罰を受ける必要が出てくる事が特徴です。

また、自賠責保険は人身事故のみの補償となっており保険料は車の年式や使用者年齢に関わらず車種の区分ごとに一律の価格になっている事も特徴で、N ボックスの場合には12ヶ月で15,000円24ヶ月では25,000円と固定金額になっています。

任意保険

それに対してもう1種類の保険は、任意保険と呼ばれ自賠責保険の内容ではカバーされない自動車への補償も担っており、自賠責保険の様に強制的に加入する必要はありませんが、人に対しての事故や自損事故に対してなど様々な範囲を補償するため、自賠責保険よりも保険料が高くなる事が一般的です。

次からの項目では、この任意保険の料金などについて解説をしていきます。

N ボックス 保険料:任意保険は金額が様々

N ボックス 保険料 任意保険図

前述した通り、任意保険は自賠責保険の内容ではカバーされない自動車への補償も担っている保険です。

自賠責保険とは制度が異なり車の年式や年間の走行距離、自動車を運転する人の年齢や盗難防止装置の有無など様々な条件によって保険料が異なる事が特徴となっています。

また、各保険会社によっても保険料が大きく異なり、対人(人への事故補償)対物(お店や公共物への補償)に加えて、自損事故(自ら事故を起こしてしまった場合)で破損した自車へ補償を行う車両保険などの有無によっても、金額に大きな差が出ることも特徴です。

つまり、生命保険と同じく万が一に備えて車両保険や盗難保険などオプションとなる保険項目を追加していくと、保険料が高くなって行くと言う仕組みになっているのです。

ただし、Nボックスのような軽自動車は普通自動車のように車種ごとの保険料が大きく異なると言う事は一部の車種を除いて殆ど無く、基本的な保険料はどの保険会社でもあまり変わらない事が特徴でもあります。

そのため、保険料を見直す場合には本当に必要な項目だけを重視し吟味していくことが大切な事となります。

スポンサーリンク

N ボックス 保険料:Nボックスの平均的な任意保険料はいくら位?

N ボックス 保険料 保険料見出しと車両

ここまでは、各保険制度の仕組みや料金の違いなどを解説していきましたが、実際のNボックスの任意保険料はどの位なのかと気になる方も多いと思いますので、ここでは各年齢別の平均的なNボックスの保険料を紹介していきます。

以下がNボックスの平均的な年間保険料です。

  基本保険料 車両保険有り
18歳~20歳まで 65,000円程 95,000円程
21歳~25歳まで 53,000円程 77,000円程
26歳~29歳まで 42,000円程 61,000円程
30歳~34歳まで 40,000円程 57,000円程
35歳~49歳まで 35,000円程 53,000円程
50歳~54歳まで 40,000円程 57,000円程
55歳~59歳まで 42,000円程 61,500円程
60歳~64歳まで 45,000円程 66,000円程
65歳以上~ 47,000円程 68,000円程

となります。

オプションとなる追加保険項目や年間を通しての使用状況が加入者ごとに異なるため、詳細な保険料を算出することはできませんが、車両保険無しの場合には40,000円~50,000円程度が平均的なNボックスの保険料となり、車両保険を追加した場合には20,000円程度が追加される金額となっています。

また、若年層の保険料は運転技術が未熟である事や事故を引き起こす可能性が高いと判断されるため金額が高くなり、30代~50代が最も保険料が安く、それ以降高齢化していくと再び保険料が上がる傾向にあります。

この金額は代理店型やダイレクト型自動車保険を全て合わせた金額となっており、違反暦や等級も加味されていない平均値となっている事から、実際の金額は上下する可能性があります。

次からの項目では、前述した代理店型やダイレクト型自動車保険の違いについて解説をしていきます。

N ボックス 保険料:代理店型自動車保険とは?

N ボックス 保険料 代理店型

昨今では、様々な保険会社から自動車保険が販売されていますが、ここでは代理店型自動車保険について説明をしていきます。

代理店型自動車保険は、従来通り大元の保険会社が各地域に実店舗を持ち各種保険を販売する形態の自動車保険を指します。

また、民間の自動車整備工場やフランチャイズ型自動車販売店の中にも代理店舗や代理契約店を構えることが多く、保険の案内から契約まで、さらに事故対応のための訪問などを全て営業者が行う事が特徴です。

そのため、人件費や店舗のテナント料などが発生する分の経費が保険料に上乗せされ保険料が高くなる傾向にありますが、契約内容について不明な場合や不安がある場合には、実店舗で営業者と話し合いを行いながら契約書を作成する事ができるなどのメリットも存在します。

スポンサーリンク

N ボックス 保険料:ダイレクト型自動車保険とは?

N ボックス 保険料 ダイレクト型

最近ではテレビやラジオでも頻繁に自動車保険のCMが行われていますが、その中でもよく耳にする言葉がダイレクト型自動車保険という言葉です。

ダイレクト型自動車保険とは、代理店型と異なり実店舗を構えた営業形態ではなく電話やインターネットなどを中心とした非店舗型自動車保険販売のことを指し、通信販売型自動車保険(通販型)とも呼ばれています。

ダイレクト型の場合には、営業をテレビなどのCMで行い契約はテレフォンセンターインターネットなどで行うため、実際に人間と接することなく保険の契約を行える事が特徴です。

事故対応や契約に対する不明点などは、全て電話やインターネットによる対応となるため、代理店型の様に時間が掛かる事や担当者の都合に合わせて来店するなどの手間を省けることがメリットと言えます。

また、実店舗が必要ないことや契約の窓口となる担当者の人数が最小限であることから、テナント料や人件費が保険料に反映されることは無いため、代理店型自動車保険よりも保険料が安くなると言うメリットもあります。

N ボックス 保険料:まとめ

今回は、Nボックスにかかる保険料の平均額や各販売型の違いなどを中心に、Nボックスと保険料ついて解説してきましたが、自賠責保険料は固定額であり任意保険は年齢や車両保険などの有無によって大きく保険料が異なる事が分かったと思います。

また、Nボックスのような軽自動車の大半は、車種ごとに保険料が異なるという事は無く、各保険会社で価格は異なるものの大まかな保険料は殆ど同じとなるため、車両保険の価格やその他の追加保険項目と合わせ、用途や予算に合わせた保険会社と契約すると良いでしょう。

Advertisements

個人売買やオークションでもローンが組める!?

ずっと欲しかった車が個人売買やオークションで手に入りそう!

でもすぐにお金が用意できない……

諦めなくても大丈夫です!

個人売買やオークションでも使えるオートローンがあります!

ローンを組めるか確かめてみよう!

今すぐクリック!

欲しかったあの車、このチャンスを逃すと二度と手に入らないかもしません。

必ずこの機会にゲットしてください!

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements
購入・各種費用
N-BOX