プリウスの自動ブレーキは止まらない?

プリウス 自動ブレーキ 止まらない サムネイル

プリウスの自動ブレーキは止まらないという声があります。

昨今ではトヨタに限らず多くの自動車メーカーが安全面の向上に力を入れて、自動ブレーキに類する様々な新技術を販売する乗用車に搭載しています。

その自動ブレーキでは止まらないとはどういう事なのでしょうか?

本記事ではプリウスの自動ブレーキとその効果について解説します。

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements

プリウスの自動ブレーキは止まらない?|プリウスの自動ブレーキとは

そもそもプリウスの自動ブレーキとはどの様なものなのでしょうか?

プリウスの自動ブレーキとは主にトヨタの開発した安全パッケージであるToyota Safety Senseに含まれるプリクラッシュセーフティの事を指します。

プリウス 自動ブレーキ 止まらない トヨタセーフティセンス

このプリクラッシュセーフティとは先行車や歩行者をレーダーやカメラで検出し、衝突が予測される場合には警告および減速を行う機能です。

注意しなくてはいけないのはToyota Safety Senseにはいくつかバージョンがあり、バージョンによってプリクラッシュセーフティの機能にある程度の差がある事です。

例えば一番古い世代のToyota Safety Sense Cのプリクラッシュセーフティでは原則歩行者を認識する事ができず自動ブレーキが機能しません。

この辺りを正しく把握していないと、元々歩行者を対象にしては自動ブレーキが機能しない車だったにも関わらず「歩行者相手に自動ブレーキが利かなかった!」という勘違いになりかねません。

プリウスの自動ブレーキは止まらない?|自動ブレーキの限界

自動ブレーキには間違いなく事故を減少させる機能があり、自動ブレーキを搭載したプリウスは、自動ブレーキ未搭載の他車種に対して追突事故が9割低減したと言われています。

しかし一方で自動ブレーキは確実に事故を防げるものではありません。

プリウス 自動ブレーキ 止まらない 安全性

現在の自動ブレーキはあくまで警告を出したり速度を低減させて衝突の回避を助けるなどドライバーが事故を回避する事の手助けをする機能であり、自動的に車を停止させる装置ではないのです。

自動ブレーキに対する無理解や過信は事故を誘発しかねません。

プリウスの自動ブレーキはどのようなケースで役に立ち、どのようなケースで役に立たないのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

プリウスの自動ブレーキは止まらない?|自動ブレーキで止まらない状況

プリウスに限らず現在販売されている多くの車種には自動ブレーキに類する機能が付けられていますが、国土交通省はその自動ブレーキに対して「状況によっては作動しない恐れがある」との注意喚起を出しています。

【国土交通省】衝突被害軽減ブレーキは万能ではありません!

上記の国土交通省が公開した注意喚起の動画で指摘されている自動ブレーキで止まらない状況のポイントです。

スピードの出しすぎ

多くの自動ブレーキには車種ごとに作動する速度が規定されており、規定速度を超えている状況では自動ブレーキが機能しない事があります。

路面の状況が悪い

雪道などの滑りやすい路面や急な下り坂などでは自動ブレーキが作動しても止まり切れない事があります。

周囲の状況が悪い

プリウス 自動ブレーキ 止まらない 街灯

街灯がある夜道、強い雨が降っている状況、強い逆光を受ける状況などでは上手く歩行者を認識することができずに自動ブレーキが遅れる事があるようです。

雪道で止まりづらいのは仕方ないとも思えますが、比較的珍しくない街灯の夜道でブレーキが遅れるようでは、まだまだ自動ブレーキは機能的に完成してないと言えるかもしれません。

今後はより技術が進んで精度が上がっていくと思われますが、まだまだ自動ブレーキは発展途上であり自動ブレーキがあるから気を抜いて運転しても大丈夫という事では決してないのです。

プリウスの自動ブレーキは止まらない?|ドライバーの誤操作は防げない

プリウス 自動ブレーキ 止まらない 池袋暴走事故

2019年4月にプリウスの暴走で母子2人が犠牲になった池袋での事故は社会的にも多くの反響を呼びました。

このプリウスは自動ブレーキを装着していない車種だったと言われていますが、仮に自動ブレーキが付いてる車種だったとしても事故は防げなかった可能性が高いと言われています。

この事故の原因はブレーキとアクセルの踏み間違いであり、事故時には運転者はブレーキと間違えてアクセルを全開で踏んでいました。

自動ブレーキはブレーキよりドライバーの運転を優先するため、本来なら自動ブレーキが機能する状況であってもドライバーが全開でアクセルを踏んでいるのであればブレーキは機能しません。

最近の社会問題となりつつある高齢者の運転による自動車事故ですが、事故の理由として多いブレーキとアクセルの踏み間違いについては自動ブレーキでは防げないのです。

スポンサーリンク

プリウスの自動ブレーキは止まらない?|まとめ

ここまでプリウスと自動ブレーキについて解説しました。

自動ブレーキはまだまだ発展途上の技術であり、自動ブレーキで止まらない状況は存外に多いです。

また原則として自動ブレーキよりドライバーの操作が優先されるため、ドライバーが誤った運転をしてしまえば自動ブレーキでは事故を防げません。

自動ブレーキには確実に事故を減らす効果があると言えますが、まだ多くの穴がある技術であり、プリウスの自動ブレーキで止まらないという事は誰にでも十分起こりえるのです。

自動ブレーキはあくまで万が一の保険と割り切って、自動ブレーキに頼らない安全な運転を心がけるようにしましょう。

Advertisements

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

リースなのに最後は自分の車になる!?

カーリース契約は通常、契約期間が終われば車を返さないといけません。

と、思いますよね?

実はリース契約満了後に車が自分のものになるカーリースがあるんです!

このカーリースなら、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用など全て込みで月々8,000円から契約できます。

最小の負担なのに十分な保障を受けつつ、憧れの新車を自分のものにできますよ!

新車をゲットできるカーリースはこちら↓

↓クリックして詳細を見る↓

愛車の最新カスタム情報が手に入る!?

愛車を好みにカスタムするのって楽しいですよね。

ところで他の人がどんなカスタムをしているのか、気になりませんか?

実は、カスタム好きが集まる専用のSNSアプリがあるんです!

利用はもちろん無料

愛車のカスタム写真を投稿して感想が聞けたり、他の人のカスタム車にコメントを入れたりもできますよ!

さらに仲良くなれば手に入りにくいパーツの交換なんかもできちゃいます!

ぜひ一度試してみてください!

Advertisements
トラブル
プリウス