Nボックスがアイドリングストップしない場合の原因と解決方法

Nボックス アイドリング ストップ しない サムネイル

現在Nボックスを所有している方の中には、アイドリングストップしない現象に悩ませられている方も多いのではないでしょうか。

この場合、走ることや止まることに関して問題がある訳では無いものの、常にアイドリングを行っているままの状態が続いているため環境や燃費に大きく影響を及ぼしてしまいます。

そこで今回は、アイドリングストップが機能しなくなってしまう原因や、その場合の解決方法などを中心に、NBOXがアイドリングストップしなくなった場合の対処法について解説していきます。

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements

Nボックスがアイドリングストップしない場合|アイドリングストップとは?

昨今ではハイブリッド車やEV(電気自動車)車を中心に、二酸化炭素の排出削減を目的として様々な環境対策を行う自動車が増えていますが、アイドリングストップもその中の1つと言えます。

アイドリングストップとは、自動車走行速度一定以下になった場合やエンジン動作が必要ないとECU(エンジンコンピューター)が判断した場合に、自動的にエンジンの動作を止め、アイドリングを停止する機能の事です。

Nボックス アイドリング ストップ しない アイドリングストップとは?

アイドリングストップ

エンジンが停止すると言ってもエアコンやナビゲーションなどが停止することは無く、エンジンを始動する前のACC(アクセサリーモード)と同じ状態となり、ブレーキ緩めることによって再度エンジン作動すると言う構造になっています。

これはハイブリッドシステムなど大掛かりで高価なユニットを搭載せずに、ECUからのコントロールによって使用するガソリンの消費量を減らし排出する二酸化炭素を減らす事が可能なことと、導入に対してのコストを大幅に抑える事が可能なため、NBOXには2011年に販売が開始された初代モデルからこの機能が搭載されています。

Nボックスがアイドリングストップしない場合|原因その1 バッテリーの電圧が関係している

アイドリングストップ機能は、高価なハイブリッドシステムなどを搭載しなくても排出ガスやガソリンの消費量を減らす事のできる優れた機能ですが、様々な事が原因となりこの機能が作動しなくなってしまう事があります。

ここからは、アイドリングストップしなくなる原因解決方法につて解説していきます。

NBOXでアイドリングストップを行わなくなる最も多い原因は、バッテリー関係しています。

Nボックス アイドリング ストップ しない 原因その1

バッテリー

アイドリングストップは、エンジン始動停止繰り返すためバッテリーに大きな負担がかかる機能でもあります。

そのため、他の車両と比べてバッテリーの劣化速度速く、多くの蓄電量必要とします。

高速走行などの長距離運転でバッテリーを定期的に充電している車両は特に問題がありませんが、街乗りなどアイドリングストップの作動回数が多く充電量が少ない車両はバッテリーの電圧が下がり、エンジンの再始動を行えなくなる可能性があるとECUが判断するため、アイドリングストップを行わなくなってしまうのです。

この場合、高速走行などでバッテリーを充電し電圧を元に戻す事で再びアイドリングストップを行う様になりますが、バッテリー自体が劣化をしている場合にはバッテリーを新しい物交換しなければなりません。

スポンサーリンク

Nボックスがアイドリングストップしない場合|原因その2 バッテリー交換などで設定が消去されている

NBOXの場合にはアイドリングストップ機能の設定がECU記憶されており、バッテリーの交換や何らかの作業を行うためバッテリー外してしまうと、この記憶消去されてしまい指示を出す事ができなくなるため、アイドリングストップ行われなくなってしまいます。

そのため、これらの作業を行った後はアイドリングストップの再学習行わなければ、再度機能を作動させることはできません

解決方法としてはプッシュスタートボタンを2度押す、またはエンジンキーを回しエンジンをON状態にします。

その後1分~2分程度アイドリングを行う作業を3回~4回程度繰り返すことでアイドリングストップ機能を再学習させることができます。

Nボックス アイドリング ストップ しない 原因その2

アイドリングストップ表示灯

再学習の完了となるサインは、アイドリングストップ表示灯がオレンジ色から緑色に変わるまでとなりますが、この工程で再学習を行ってもアイドリングストップが行われない場合には他の箇所で不具合が発生している可能性があります。

Nボックスがアイドリングストップしない場合|原因その3 作動条件を満たしていない可能性がある

アイドリングストップ機能は、バッテリー電圧の低下やバッテリー交換などで記憶されている設定が消去されてしまうと機能が作動しなくなってしまいますが、これらの他に正常に作動する条件が整っていない場合には、ECUの判断でアイドリングストップを行わない場合があります。

原因として最も可能性が高いのは、エンジン温まっていない場合です。

アイドリングストップ機能は、冷却水の温度やその他トランスミッションオイルなどの温度が低い場合には、エンジンへ負担が掛かるのを避けるためアイドリングストップ作動しないように設定されています。

また、外気温と車内の温度差が大きくエアコン高負荷がかかっている場合にもバッテリー上がりを防止するためにアイドリングストップが行われない場合があります。

Nボックス アイドリング ストップ しない 原因その3

これらは、機械的要因と言うよりも動作する環境が整っていないと言う事が原因となりアイドリングストップ機能を停止しているものですので故障や不具合という訳ではありませんが、解決策としては暖気運転を行う事やエアコンの設定温度を外気温に近い値へ設定するなどの方法で、作動条件を満たすほか無いのが現状です。

また、アイドリングストップに於いてエンジンスターターの作動回数が設定値を超えている場合、火災などを防ぐための安全装置作動しアイドリングストップが行われない事がありますが、アイドリングストップ機能再学習を複数回行っても改善されない場合があるため、こちらの場合にはディーラーの診断機やコンピューターを使用して再調整を行う必要があります。

スポンサーリンク

Nボックスがアイドリングストップしない場合|ECONがOFFになっている

アイドリングストップ機能は、排気ガスの排出削減やガソリンの消費を抑える事のできる優れた機能ですが、NBOXの場合にはECONと呼ばれる機能がOFF状態になっている事でもアイドリングストップ行われません

Nボックス アイドリング ストップ しない 原因その4

ECONスイッチ

このECON機能はエンジンやトランスミッション、エアコンなどの動作を制御し省エネ運転を手助けする機能となっており、アイドリングストップ機能もこのECON機能の1つとなっています。

ECONは走り出しのトルクが減り加速がスムーズに行えないなどの不満やエンジンの始動・停止に伴うバッテリーへの負担を軽減する目的から機能をOFFにする事も可能ですが通常であれば、エンジンを切り再始動を行うとECONは自動的ON状態戻る仕組みとなっています。

しかし、中古車などで購入した車両の中には、社外品としてECON強制停止させるグッズ装着されている場合あり、後から購入したユーザーはこのグッズが取り付けられている事を知らないために、アイドリングストップ機能に不具合があるのではと考えてしまうユーザーもいるようです。

解決方法としてはこの社外品グッズの機能を取り外す、または停止させる事ですがNBOXの場合には大半のケースでプッシュスタートボタンの周辺に配置されているアクセサリースイッチにECON強制停止ボタンが設置されているため、機能自体は簡単に停止させる事が可能です。

Nボックスがアイドリングストップしない場合|まとめ

今回は、アイドリングストップが機能しなくなってしまう原因や、その場合の解決方法などを中心に、NBOXがアイドリングストップしなくなった場合の対処法について解説してきましたが、NBOXに於けるアイドリングストップ機能停止バッテリー交換する事や電圧低下原因発生する事がわかります。

いずれも再学習を行う事で、再びアイドリングストップ機能を作動させることが可能ですが、バッテリーその物が劣化している場合やECUに原因がある場合は、再学習を行っても機能が作動しない場合もあるため、ディーラーなどで点検を受ける事をおすすめします。

Nボックス アイドリング ストップ しない まとめ

また、気温などの作動条件が整わない場合にもアイドリングストップが行われなくなるため、機能を作動させたい場合は暖機運転を行うなど作動条件を満たす必要があります。

Advertisements

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements
アイドリング
N-BOX