【ヴェルファイアの高さ制限】背の高いミニバンで注意すること

ヴェルファイア 高さ制限

ヴェルファイアの高さ制限について、背の高いミニバンで注意することとは?

トヨタの最上級ミニバン、ヴェルファイアで気になる「高さ制限」について考察してみたいと思います。

ミニバンユーザーが注意したい立体駐車場や機械式駐車場における高さ制限。

各メーカーのミニバンが「低床化」に取り組み、出来る限り全高を抑えて車室空間を広く取ることに尽力していますが、ヴェルファイアについて注意したい高さ制限について検証します。

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements

ヴェルファイア 高さ制限|背の高いミニバンで注意したい「高さ制限」

ヴェルファイア 高さ制限

出典:https://goo.gl/SFMUAX

トヨタが販売する最上級ミニバン、ヴェルファイアはアルファードの兄弟車で、エスティマとプラットフォームを共有し、FF(前輪駆動方式)を基調とするトヨタの最上級ミニバンです。

落ち着いた大人の雰囲気のアルファードに対し、ヴェルファイアはメッキパーツを多用した精悍なフロントマスクデザインなど、若者向けシリーズとして差別化が図られていますが、基本的に中身は同じ車で、サイズは全長4915mm~4935mm、全幅1850mm、1880mm~1950mm。

グレード構成も殆ど同じで、両者ともハイブリッド仕様(4WD)を用意しています。

日産の最上級ミニバンであるエルグランドに対抗して、トヨタから販売されたアルファード/ヴェルファイアですが、両者ともよく似た外観とコンセプトながら、どちらも全高1800mmを超える大型ミニバンなので、トンネルや立体駐車場などの高さ制限に注意が必要です。

ヴェルファイア 高さ制限|自走式駐車場や高架下の「高さ制限」

ヴェルファイア 高さ制限 立体駐車場

気になる「高さ制限」について。普段の外出先で利用するショッピング施設などのいわゆる「立体駐車場」と呼ばれる場所がありますが、自分でクルマを運転して駐車するので、正式には「自走式駐車場」といいますが、こうした場所で見かける高さ制限は概ね「2.0m~2.5m」が標準的だと思います。

この高さでしたら、トラックやキャンピングカーでもない限り、殆どの国産乗用車は問題なく通過できます。

ハイエース等のワゴン車のハイルーフ仕様だと場合によっては注意する必要がありますが、ヴェルファイアクラスのミニバンでしたら、全く問題ないといえます。

ただし、少し古い規格の建物などの場合、「高さ制限1.79m」に制限されている事があるので注意が必要です。

駐車場の他にも「鉄道の高架下」などを通過するトンネルに「高さ制限1.5m」などもありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

ヴェルファイア 高さ制限|機械式駐車場の「高さ制限」

ヴェルファイア 高さ制限 機械式駐車場

「高さ制限」で問題になるのは「機械式駐車場(タワー式立体駐車場)」です。

都市部のビルなどで、係員にクルマを預けて、昇降機が自動的にクルマを立体的に収用する機械式駐車場においては、高さ上限を「1550mm」に設定している場合が多く、ミニバン車種はもちろん、少し背の高いコンパクトカーやSUVなども殆ど利用できません。

また、全高だけでなく、「全幅」も1850mm以下に規定されている場合が多く、全幅1850mmのヴェルファイアは幅に関しては納まりますが、全高が1880mm~1950mmなので、殆どの機械式駐車場は利用できません。

ヴェルファイア 高さ制限|全高1800mmを超えるミニバンで注意したい「高さ制限」

ヴェルファイア 高さ制限 エルグランド

「日産 エルグランドの車体寸法」
出典:https://goo.gl/kVUej6

ヴェルファイアと同じサイズのミニバンに、日産・エルグランドがありますが、FR(後輪駆動)ベースの先代モデルから一新して、日産・ティアナとプラットフォームを共有するFF(前輪駆動)ベースとなった現行エルグランドは先代モデルに比べて、約100mmも全高を下げることに成功しましたが、それでも全高は1805mm。

しかも全幅も1850mmと非常に大きなサイズのクルマになっているので、機械式駐車場の高さ制限に引っ掛かるので殆ど利用出来ません。

同じトヨタのノア/ヴォクシーの場合も、全幅は1695mm~1730mmなので幅の問題はクリアしていますが、全高は1825mm~1870mmですから、殆どの機械式駐車場は利用できません。

ちなみに軽自動車のウルトラハイト系ワゴンに分類されるダイハツ・ウェイクは全高1835mmもあるのでこれも高さ制限に引っ掛かるので機械式駐車場は利用できません。

スポンサーリンク

ヴェルファイア 高さ制限|比較的小さなミニバンでも「高さ制限」に注意が必要

ヴェルファイア 高さ制限 オデッセイ

「ホンダ オデッセイ」
出典:https://goo.gl/2mq4RM

ヴェルファイアと同じクラスの大型ミニバンとしてよく比較される、ホンダの最上級ミニバン・オデッセイ。

現行となる5代目モデルはホンダ・エリシオンと統合され、全高は1685mm~1715mm。

ホンダ独自の「超低床プラットフォーム」の採用により、大型ミニバンとしては低めの全高を実現しながら、広い室内空間を確保する事に成功したものの、やはりオデッセイも「高さ制限1550mm」が多い機械式駐車場の利用は殆ど出来ません。

トヨタの小型ミニバン・シエンタも全幅は5ナンバーサイズの1695mmですが、全高は1675mm~1695mmもあるので、ミニバンクラスは機械式駐車場の利用が殆ど出来ないといえます。

ヴェルファイア 高さ制限|注意したい「高さ制限」についてまとめ

ヴェルファイア 高さ制限 トンネル

トヨタ・ヴェルファイアを始めとした大型ミニバンで気になる「高さ制限」についてまとめてみましたが、基本的に殆どのミニバンは高架下などの「高さ制限1.5m」に指定されている天井の低いトンネルの通行ができません。

そして「機械式駐車場」の利用も殆ど出来ません。

機械式駐車場を利用できるのは全高1550mm以下、全幅1800mm以下、全長5000mm以下が目安となりますので、一般的なセダンやステーションワゴン、コンパクトカーに限られるといえます。

したがって、ミニバンに乗る場合は基本的に自走式駐車場か、屋外駐車場を選択するのが賢明といえます。

ただし、「高さ制限2.0~2.5m」の自走式駐車場であっても、車両本体の全高は「高さ制限」をクリアしていても、「アンテナ」や「ルーフキャリア」などを装着していると天井に衝突する危険があるので、ヴェルファイアなどの全高1800mmを超えるような車種に乗る場合、「アンテナなどの装着品を含めた全高」を把握して注意する必要があるといえます。

Advertisements

個人売買やオークションでもローンが組める!?

ずっと欲しかった車が個人売買やオークションで手に入りそう!

でもすぐにお金が用意できない……

諦めなくても大丈夫です!

個人売買やオークションでも使えるオートローンがあります!

ローンを組めるか確かめてみよう!

今すぐクリック!

欲しかったあの車、このチャンスを逃すと二度と手に入らないかもしません。

必ずこの機会にゲットしてください!

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements
車高・サイズ
ヴェルファイア