アルファードより大きい車

アルファード より 大きい車 サムネイル

アルファードより大きい車にはどのようなものがあるのでしょうか?

高級ミニバンというジャンルにおいてヴェルファイアと並んで他を寄せ付けない存在なのがトヨタ、アルファード。

高級車であり競合車と比べても値段が高いアルファードがそれでも売れ続ける理由の1つはミニバンの中でも最大サイズである車の大きさからくる室内空間の広さと快適性によるものと言われています。

本記事では大きい車に興味がある人向けにアルファードの大きさを確認し、競合車との比較やアルファードより大きい車について解説します。

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

Advertisements

アルファードより大きい車|アルファードの大きさ

アルファード より 大きい車 比較

アルファードの大きさを競合する国産の大型ミニバンと比較してみましょう。

車種 全長 x 全幅 x 全高 室内長 x 室内幅 x 室内高
アルファード 4,945 x 1,850 x 1,935 mm 3,210 x 1,590 x 1,400 mm
エルグランド 4,975 x 1,850 x 1,815 mm 3,025 x 1,580 x 1,300 mm
ランディ 4,690×1,695×1,865 mm 3,240 x 1,545 x 1,400 mm
セレナ 4,685 x 1,695 x 1,865 mm 3,240 x 1,545 x 1,400 mm
ステップワゴン 4,690 x 1,695 x 1,840 mm 3,220 x 1,500 x 1,425 mm

※モデルによって細かくサイズが変わるため、代表的なモデルのサイズを表記

車体サイズに関しては大型ミニバンの中でもアルファードとエルグランドは一回り大きいサイズになっている反面、室内の広さではエルグランドは競合車と比べて一回り狭い感覚があり、特に天井の低さは体感でも感じやすいため乗り心地としてはっきりと解る差になります。

アルファード より 大きい車 エルグランド

エルグランドがアルファードのライバルと言われながらも、最近の売り上げでアルファードに水をあけられている理由の1つは室内空間の快適性の差と言えるでしょう。

アルファードより大きい車|外車なら

アルファードは国産ミニバンの中ではほぼ最大サイズであり、アルファードより明確に大きい国産ミニバンは存在しません。

一方で国産ミニバンに比べて影の薄い外車のミニバンまで目を向ければもう少し大きいサイズのミニバンが存在します。

アルファード より 大きい車 ベンツ

メルセデスのミニバンであるメルセデスベンツVクラスのエクストラロングボディであれば全長が5,380mmにもなるため、とにかくデカい車を転がしたいという人であれば検討に値するかもしれません。

スポンサーリンク

アルファードより大きい車|SUVなら

SUVと呼ばれる車種の中でも用途によってはミニバンと同様に扱える3列シートの大型車種のサイズを見てみましょう。

車種 全長 x 全幅 x 全高 室内長 x 室内幅 x 室内高
ランドクルーザー 4,945 x 1,980 x 1,880 mm 2,690 x 1,640 x 1,200 mm
パジェロ 4,900 x 1,875 x 1,870 mm 2,535 x 1,525 x 1,235 mm
レクサスRX 5,000 x 1,895 x 1,725 mm 2,775 x 1,590 x 1,200 mm
CX-8 4,900 x 1,840 x 1,730 mm 2,690 x 1,540 x 1,250 mm

※モデルによって細かくサイズが変わるため、代表的なモデルのサイズを表記

アルファード より 大きい車 ランドクルーザー

大型の3列シートのSUVは車体サイズがアルファードに近い車種も多く、見た目のゴツさ、カッコよさはミニバンに無いインパクトがあります。

一方で車内の広さではミニバンより2周りは狭い感覚があり、特に3列目シートの乗り心地や快適性がミニバンに大きく劣る事が多く、SUVを選択肢に加える場合、事前によく用途を考える必要があります。

アルファードより大きい車|大きい車のメリットデメリット

ここまで大きい車について解説してきましたが、大きい車のメリット、デメリットについて確認してみましょう。

大きい車の最も分かり易いメリットはやはり車内が広いという事であり、車内が広いという事はたくさんの人数や荷物を運べるというだけでなく、快適性に直結します。

また大きい車は基本的に運転席が高くなるため見晴らしが良く、見晴らしのよさは運転の楽しさに結びつく事が多いです。

そして感覚的なポイントですが単純に大きい車を所有している、大きい車を動かしているという事自体に喜びを感じる人もいるでしょう。

一方、車が大きい事のデメリットとして代表的なのは燃費の悪さで、リアルな問題として月々のガソリン代が高くなるという事があります。

また車が大きい事による運転性の悪さ、小回りが利かなかったり駐車場に入れづらかったりする事があります。

アルファード より 大きい車 大小

基本的に車の大きい小さいは一長一短なので、大きい車を選ぶ際はそのメリットデメリットをよく考慮したうえで選ぶ必要があります。

スポンサーリンク

アルファードより大きい車|まとめ

アルファードを中心に車の大きさについて解説してきました。

高級ミニバンとして高い人気を誇るアルファードですが、車体の大きさと車内の広さ、快適性を高いバランスで備えており、単純な車体サイズであればアルファードより大きい車もいくつか見受けられますが、やはり総合的な観点から見てアルファードを超えるミニバンはなかなか無いようです。

車の売れ筋が軽自動車、コンパクトカーに流れている中、大型ミニバンでアルファードだけは唯一売れ続けていると言われるだけの事はあるのかもしれません。

Advertisements

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

リースなのに最後は自分の車になる!?

カーリース契約は通常、契約期間が終われば車を返さないといけません。

と、思いますよね?

実はリース契約満了後に車が自分のものになるカーリースがあるんです!

このカーリースなら、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用など全て込みで月々8,000円から契約できます。

最小の負担なのに十分な保障を受けつつ、憧れの新車を自分のものにできますよ!

新車をゲットできるカーリースはこちら↓

↓クリックして詳細を見る↓

愛車の最新カスタム情報が手に入る!?

愛車を好みにカスタムするのって楽しいですよね。

ところで他の人がどんなカスタムをしているのか、気になりませんか?

実は、カスタム好きが集まる専用のSNSアプリがあるんです!

利用はもちろん無料

愛車のカスタム写真を投稿して感想が聞けたり、他の人のカスタム車にコメントを入れたりもできますよ!

さらに仲良くなれば手に入りにくいパーツの交換なんかもできちゃいます!

ぜひ一度試してみてください!

Advertisements
口コミ
アルファード