アウトランダーアクティブギアの評価について

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

アウトランダー アクティブギア 評価 サムネイル

アウトランダーアクティブギアの評価は、三菱が販売を開始したアクティブギア(特別仕様車)としての評価は勿論ですが、従来のアウロランダーとどの様な点で特別感が有るのかについて評価をする必要が有ります。

更に、アウトランダーには三菱独自の電気自動車で有るPHEVと比較した場合の走行性能や経済性等についての評価も重要なポイントになりますので、それらを踏まえた評価を探って見ましょう。

スポンサーリンク


アウトランダーアクティブギア評価の走行性能

アウトランダーアクティブギア評価の走行性能を見てみましょう。

基本的なエンジンの構成は2.4LのSOHCエンジンと、2.0LのSOHCエンジンが用意されており、更にPHEV車も追加されております。

アウトランダー アクティブギア 評価 走行性能

2.4LのSOHCエンジン

先ず2.4Lガソリンエンジン車ですが、パワーは169psを発揮しエンジンもスムーズ回転してくれる印象が強く、走行性能には不満は有りません。

又、2.0Lガソリンエンジン車でも150psを発揮する為、PHEV車の様な加速時の力強さに若干引けを取る感じを受けますが、問題の無いレベルに仕上がっております。

一方、トランスミッションに採用されているCVTとの組み合わせによって、アクセルを踏み込んだ感覚と車の加速感に若干のズレを感じますが、実走行で強い違和感を覚える事は有りません。

そう言った意味でアウトランダーアクティブギアの走行性能は可も無く不可も無くと言った所です。

但し、この車の特性本来の走行性能の良さを感じる事が出来るのは、山道悪路走行時で有ると考えますので、是非その様な条件の道を走る楽しみを味わって見ましょう。

アウトランダーアクティブギア評価のエクステリアとインテリア

アウトランダーアクティブギア評価では、その特別な装備の評価を得る事が出来ます。

そこでアクティブギアの特別装備インテリアに付いて確認して見ましょう。

先ず特別な外装としてはアクセントとしてオレンジ色を随所に使用している点です。

アウトランダー アクティブギア 評価 エクステリアとインテリア2

特にドアミラーやフォグランプベゼル、サイドドアガーニッシュにオレンジ色が配色されている特徴が有ります。

更に18インチブラックのアルミホイールや、テールゲートのアクティブギア専用デカール等を装備しております。

アウトランダー アクティブギア 評価 エクステリアとインテリア

一方インテリアでもこのオレンジ色の専用配色が施されており、ステアリングホイールやシフトノブ、ドアトリム等に効果的に使われております。

又、車内のインパネ等はブラックのプライウッド調パネルの採用や、センターコンソールやドアトリムへの人口皮革を採用する等、車内インテリア質感向上が図られております。

この様にアクティブギアは色使いによる特別感を多く取り入れられており、通常のアウトランダーとの差別化を図っております。

スポンサーリンク

アウトランダーアクティブギア評価の居住性能

アウトランダーアクティブギア評価でその居住性はどの様な物なのかを調べて見ましょう。

アウトランダーアクティブギアにはガソリン車とPHEV車が有りますが、居住性で特に目を引くのはガソリン車になります。

ガソリン車とPHEV車の居住性で大きく異なるのは、乗車人数異なる事です。

これはPHEV車が2列シートの5人乗りに対して、ガソリン車は3列シートの7人乗りで有る為です。

アウトランダー アクティブギア 評価 居住性能

その為、例えばドライブは大人数で楽しむ事も出来ますが、3列目のシートをたたんでしまう事でフラットな荷室を作りだす事が出来より多くの荷物を積み込む事も可能です。

又、2列目のシートの足元の広さは充分確保されており、SUV特有の車高の高さによる天井部分のスペースも充分確保されている事から、車内窮屈感を感じる事は全く有りません

アウトランダーアクティブギア評価の経済性

アウトランダーアクティブギア評価で大切な経済性を確認して見ましょう。

アウトランダーアクティブギアには2.4L2.0Lのガソリン車及びPHEV車のラインナップが有ります。

経済性と言う面で見た場合、カタログに記載されている燃費は2.4L車でJC08モード燃費は14.6km/Lとされておりますが、実燃費7km/Lから11km/Lになってしまう事が考えられます。

一方、PHEV車の場合のカタログ燃費はJC08モード燃費で19.2km/Lとなっておりますが、PHEV車の場合実燃費13km/Lから15km/L程の実力を持っております。

又、PHEV車の場合には、充電された電気のみ60km走行が出来ますので、近場の利用が多い方はガソリンを使う事も無く走る事が出来ると考えます。

これらの事からアウトランダーアクティブギアの経済性は、PHEV車の方が多くのメリットを得る事が出来ると考えます。

アウトランダー アクティブギア 評価 経済性

スポンサーリンク

アウトランダーアクティブギア評価の安全性能

アウトランダーアクティブギア評価における安全性能に付いて確認して見ましょう。

アウトランダーアクティブギアには、ブレーキアシスト機能EBDと呼ばれる電子制動力配分装置が標準装備されており、衝突安全ボディーも取り入れられており、三菱車としての安全性の向上が図られております。

特にブレーキアシスト機能は、三菱e-Assist機能バージョンアップが図られており、前方を走行する車だけでは無く、歩行者や自転車等も自動ブレーキシステムの対象と変更されており、万が一衝突時被害軽減性能向上しております。

アウトランダー アクティブギア 評価 安全性能

更に、走行中に左右から接近して来る車を車両後方のセンサーが検知し、その警告をドアミラーに表示するレーンチェンジアシスト機能も装備されており、三菱独自の技術で安全性能の向上が図られております。

アウトランダーアクティブギア評価のまとめ

アウトランダーアクティブギア評価で、走行性能はさすがに三菱のSUVと言える走行性能を実現しており、特に悪路等ではその力が発揮できると考えます。

又、デザインや居住性では特別仕様車で有る事を全面に打ち出し、独特の感性のデザインに仕上がっております。

更にPHEVの投入によってその経済性の高さやも評価でき、万人受けするSUV車に仕上がっていると考えます。

アウトランダー アクティブギア 評価 まとめ

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から1分で申し込めます↓
査定申込ボタン

愛車の最新カスタム情報が手に入る!?

愛車を好みにカスタムするのって楽しいですよね。

ところで他の人がどんなカスタムをしているのか、気になりませんか?

実は、カスタム好きが集まる専用のSNSアプリがあるんです!

利用はもちろん無料

愛車のカスタム写真を投稿して感想が聞けたり、他の人のカスタム車にコメントを入れたりもできますよ!

さらに仲良くなれば手に入りにくいパーツの交換なんかもできちゃいます!

ぜひ一度試してみてください!

 

↓クルマ好きの無料コミュニティアプリ↓

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク