デミオディーゼルのMT評価は?

愛車を売るなら必ず一括査定サイトを使おう!

愛車を売るなら必ず一括査定サイトで査定して貰いましょう!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社査定してくれます。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰します!

↓45秒で申し込めます↓
査定申込ボタン

デミオ ディーゼル MT 評価 サムネ

デミオディーゼルのMT評価をご存知でしょうか?

デミオのディーゼル車にはMTの設定があるのですが、実は1996年にモデルデビューを果たしたDW系以外、2代目であるDY系から最新モデルであるDJ系まで全てのモデルでMTの設定があるのです。

これはヨーロッパ向けに販売戦略を立てていたと言う事が要因となっていますが、日本での需要も多い事から現在でも生産が続けられています。

今回は、最新モデルであるデミオのディーゼル車・MT仕様について、独自のレビューや実際の使用感などを中心にユーザーや専門家の評価を調べてみました。

スポンサーリンク


デミオディーゼルのMT評価:外観の評価

デミオ ディーゼル MT 評価 タイヤ

https://goo.gl/dQPvp5

外観は他のガソリン車モータースポーツベース車と比べても、特にMT仕様だと分かる特徴はありません。

ボディーカラーなども全て同じ仕様となっています。

強いて言うならば、クリーンディーゼル車でMTの設定があるXDとXD Touringでタイヤ・アルミホイールのサイズが異なっていると言う事です。

ディーゼル車のベースグレードとなるXDは185/65R15というタイヤに対し、ディーゼル車の上級グレードであるXD Touringはそれよりも1インチ大きい185/65R16というタイヤになっています。

また、ホイールのサイズ変更に伴ってデザインの変更も行われています。

燃費面を考えると、この185というタイヤ幅から太くする訳にはいかないのだと思いますが、ホイールの大きさからするとモータースポーツベース車の様に195と言う幅のタイヤを装着した方が走行の安定感が増すのではないか感じます。

デミオディーゼルのMT評価:内装の評価

デミオ ディーゼル MT 評価 内装

https://goo.gl/aWsPui

内装もAT仕様やSKYACTIV-G 13シリーズと殆ど変わりはありません。

最近のAT車は昔のMT車の様に、ギヤボックスが小型化されているためMT車だと言われないと気付かない事も多く、このデミオのMT仕様車も言われないと気付かないと思います。

ユーザーの中には従来型のMTギヤボックスではなく、昨今の欧州車に多く採用されているステアリングとシフトが一体化された、パドルシフト型にして欲しかったと言う意見がありますが、MTを運転する上で操作感を大切にしたいという開発者側の意思もあり、フロア式MTが採用された様です。

シフトの位置ですがAT仕様と同じ位置に配置されている為、手が届きにくいなどと言う事はありません。

また、シフトノブの長さも丁度良くシフトの入りもスムーズで、この辺りは技術の進歩を感じます。

ユーザーからの評価も満足していると言う意見が多くなっています。

スポンサーリンク

デミオディーゼルのMT評価:走行性能の評価

デミオ ディーゼル MT 評価 走行

https://goo.gl/N9JivD

走行性能に関してはガソリン車AT・MTとディーゼル車AT・MTでそれぞれ異なる評価となっています。

ガソリン車のMT仕様ですが走り出しからのトルクが太く「トヨタ・ヴィッツ」の様な力強いフィーリングに似ていますが、ディーゼル車のMT仕様については発進時のトルクがやや細いせいか、パワー不足を感じる方も多いようです。

ディーゼル車なので走り出しの力強さがある事を想像していましたが、思った程感じることができません。

これは、ターボ機能が効き始める前にギヤのピークが来てしまい、シフトチェンジを行わなければならない事が一つの要因となっているのではないかと推測されます。

また、ガソリン車のMT仕様と比べて低いギヤのピーク間が狭くなっているため、街中では頻繁にシフトチェンジを行う必要があると感じました。

トップやオーバートップギヤに於けるスピードの伸びは、ディーゼル車の方が勝っている印象です。

デミオディーゼルのMT評価:燃費面での評価

デミオ ディーゼル MT 評価 エンジン

https://goo.gl/HQcNfp

マツダが独自に開発を行った新型クリーンディーゼル「SKYACTIV-D1.5」というエンジンですが、デミオの他にマツダ・アクセラやCX-3にも搭載されているエンジンで、燃費の向上とパワー上昇の両立を成し遂げた、自動車業界でも評価の高いエンジンとなっています。

最大出力は105馬力で、軽量ボディのデミオにはパワー面で十分なエンジンと言えます。

改良されたSKYACTIV-D1.5エンジンのおかげで、燃料の噴射を今まで以上に細かくコントロールできるようになった為、1L辺りの実燃費は28~30kmとガソリン車を上回るユーザーも多い様です。

燃料タンクはディーゼル車のAT仕様が44L、MT仕様が35Lとなっており、こちらの軽量化も燃費の差に表れているようです。

スポンサーリンク

デミオディーゼルのMT評価:その他の評価

デミオ ディーゼル MT 評価 ステアリング

https://goo.gl/MS87C8

車の作りとしてはユーザーからの評価が高くなっているデミオのディーゼル車MT仕様ですが、その他の評価をまとめていきます。

これは、タイヤの交換や足回りのセッティングを変更する事で解消される事だと思いますが、車内に侵入するロードノイズがとても大きいです。

パワーのあるエンジンとMT仕様となっている為、アクセルのコントロールができエンジン音が抑えられている事もありますが、スピードが60~70kmを超える辺りから急にロードノイズが大きくなる傾向にあります。

標準タイヤは、トーヨー工業のプロクセスというグレードの高いブランドのタイヤが装着されていますが、グレードを下げた別のタイヤなのでは無いかと感じる程、大きなロードノイズが発生します。

ユーザーの中にはタイヤサイズをインチダウン対策を行っている方も居るようです。

また、ステアリングの反応がワンテンポ遅く感じるなどの意見もある事から、購入を考えている方は、低速と高速の両方で試乗を行う事をおすすめします。

デミオディーゼルのMT評価:まとめ

デミオ ディーゼル MT 評価 まとめ

https://goo.gl/FqhTv6

今回は、デミオのディーゼル車・MT仕様の評価ついて、独自の評価やユーザーの意見を中心に調べてきましたが、ユーザーの評価は概ね高いものとなっています。

MT独特の操作感や他の国産自動車メーカーには無いディーゼル車と言う点に魅力を感じるようです。

走り出しのトルクの細さは気になる点ですが、ローギヤではなくセカンドギヤから発進する場合には、そこまで大きな問題にはならないと感じています。

残念なのは、ディーゼル車のMT仕様は受注生産のために試乗車が少ないと言う点です。

近くのディーラーに試乗車がない場合には、取り寄せのために時間が掛かってしまったり遠くのディーラーまで足を伸ばさなければならない場合もありますので、試乗の際には前もって確認しておくと良いと思います。

愛車を一番高く売るにはどうしたらいいの??

あなたの大事な車、売るならできるだけ高く売りたいですよね。

でも車を売るとき、こんな悩みはありませんか?

  • 適正価格が分からない
  • ディーラーの言葉を信用していいのだろうか
  • きちんと査定してくれているのか心配
  • 交渉するのが苦手
  • 言われるままの値段で売ってしまいそう
  • 次の車を買う資金にしたいから少しでも高く売りたい

普通の人が自分の車を最大限高く売るのはとっても難しいです。

でも!実はとっても簡単な方法であなたの愛車を最高価格で売れる方法があるんです!

それが……一括査定!

ディーラーだと30万円の買取が一括査定すると80万円になることも!

なぜなら一括査定サイトでは大手下取り会社が最大10社同時査定してくれるから。

あなたの愛車を会社間で競り合ってくれるので、買取価格が高騰するんです!

無料で一括査定できますし、価格が気に入らなければ実際に売らなくても大丈夫。

ぜひ一度お試しください!

↓以下から1分で申し込めます↓
査定申込ボタン

愛車の最新カスタム情報が手に入る!?

愛車を好みにカスタムするのって楽しいですよね。

ところで他の人がどんなカスタムをしているのか、気になりませんか?

実は、カスタム好きが集まる専用のSNSアプリがあるんです!

利用はもちろん無料

愛車のカスタム写真を投稿して感想が聞けたり、他の人のカスタム車にコメントを入れたりもできますよ!

さらに仲良くなれば手に入りにくいパーツの交換なんかもできちゃいます!

ぜひ一度試してみてください!

 

↓クルマ好きの無料コミュニティアプリ↓

 

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク